おび内科・漢方クリニック

鎌倉市,内科,漢方,内視鏡なら おび内科・漢方クリニック

お問い合わせ・ご予約は
TEL:0467-42-7288
受付時間
月・水・金 8:30~18:30
火・土    8:30~17:00
日・木・祝日 休診
〒247-0072 神奈川県鎌倉市岡本2-1-10 プロシードビル1F

ブログへのリンク

 

トップページ»  漢方治療について

漢方治療について

漢方外来ではあらゆる御相談をうかがいます(お電話で漢方外来希望とお伝えください)。そのうえで、東洋医学と西洋医学双方の視点で患者さんを診察し、最適な治療を選びます。これは富山大学和漢診療学講座が提唱してきた「東西両医学の融和(寺澤捷年先生)」の精神を受けついだものです。病状によっては漢方よりも西洋医学的治療が最適と考えられる場合もあります。その際は、適切な専門診療科や総合病院をご紹介いたします。また、診断や治療方法の選択のために必要に応じて血液・尿検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査、内視鏡検査などもおこないます。

 

対象となる疾患

便秘、機能性胃腸症、慢性胃炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、再発性腸閉塞、慢性下痢、過敏性腸症候群、アトピー性皮膚炎、慢性湿疹、虚弱体質、起立性調節障害、気管支喘息、慢性咳嗽、気管支拡張症、慢性腎不全、不妊症、生理痛、生理不順、更年期障害、冷え症、めまい症、生活習慣病、全身倦怠感、不明熱、癌治療に伴う諸症状の緩和、各種手術後の体力低下、慢性疼痛、軽度認知症、円形脱毛症など

 

予約からお会計までの流れ

・お電話で診察日時の予約 ⇒ 担当医の希望をお伝え下さい。
・受診 ⇒ 診察 ⇒ 検査(採血などを行います) ⇒ 院外処方箋発行 ⇒ お会計

例:3割負担の方、院外処方、お薬2週間分の場合

・初診時 約3,500円(診察料+血液検査料など[検査の内容で増減します]+処方箋料)
  約1,600円(薬局での調剤料+お薬代2週間分)
合計 約5,000円
   
・再診時 約1,500円(診察料+処方箋料)*検査がある場合は検査料が加わります。
  約1,600円(薬局での調剤料+お薬代2週間分)
合計 約3,000円

※医療用漢方製剤(ツムラ、クラシエ、コタローなど)、煎じ薬ともに保険診療です。
※お薬代は種類によっては上記金額を超えることがあります。

 

漢方治療の流れ

問診票の記入

診察前に問診票へご記入いただきます。
>>>問診表のダウンロードはこちら(ご自宅で記入、またはクリニック来院後に記入)

初診

漢方では診察のことを四診(ししん)とよびます。望診(ぼうしん)、聞診(ぶんしん)、問診(もんしん)、切診(せっしん)の4つの方法があります。目で見て診察するのが望診、鼻や耳できいて診察するのが聞診、会話で病状を把握する診察が問診、体に触れて病状をみる診察が切診です。切は切るのではなく接するの意です。

漢方では症状が出ている部位だけでなく、全身を診察します。脈をとり、舌の所見をみて、皮膚の様子、手足の冷え、腹部の触診*などをおこないます。なぜかと申しますと、漢方医学には陰陽・虚実・気血水・五臓という診断概念があり、人はこれらの調和の中で健康を保っていると考えています。症状がある部位だけを診察しただけでは、全身の不調が読み取れない事があります。そのため、いろいろな部位を診察させていただきます。
*江戸時代の漢方医、吉益東洞(よしますとうどう)は『腹は生あるの本なり。故に百病は此に根ざす。是を以って病を診するには必ず其の腹を候う』と言って腹診の重要性を説いています。

処方

四診で得られた所見を総合的に判断して漢方薬を処方します。血液検査やその他の検査所見を参考にすることもあります。当クリニックでは院外処方箋を発行します。お薬代には健康保険が適用されます。

再診

漢方治療はオーダーメイド治療ともいわれ、一人一人の患者さんに最適な漢方薬を選び、調合していく作業とも言えます。そのため、はじめからぴたりと合わせるというより、3回ぐらいの通院のなかで患者さんに服用後の反応を教えていただきながら調整をします。ちょうど、洋服を仕立てるときと似ています。まず体を採寸し、仮縫いをし、試着して、修正しながら仕立て、完成となります。
病状によってはこのプロセスが長くかかることもあります。病歴が長いほど改善するまでには時間がかかる傾向にあります。一般的に漢方治療は、数週間、数カ月、数年間の単位で根気よく治療することが大切だといわれています。漢方治療の進めかたは、ヨットで太平洋を横断するようなイメージです。「目的地までひとっとび」とはいきませんが、進むべき方向をしっかり見据えて、医師と患者さんが協力して進んでいけば、いつか目的地につくという信念で診療しています。

併診について

東洋医学と西洋医学の融和が患者さんにとってもっとも恩恵があると考えています。西洋医学の専門医に診療を受けながら、当クリニックの漢方外来を併行して受診することも可能です。その場合は、紹介状があると連携が円滑に進みます。まずは、ご相談ください。

副作用について

漢方薬による副作用は、間質性肺炎(0.004%)、薬剤性肝障害(漢方薬による肝障害は全薬剤性肝障害の0.01~0.05%)、偽性アルドステロン症(0.3%未満)、などが知られています。定期的な診察と3~4カ月ごとの血液検査をおこなっていれば後遺症を残すような重大な副作用が生じる心配はほとんどありませんが、ご不安な点があればご相談ください。